周産期医療の広場 トピックス

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

話題のテーマ

過去10年間の我が国の産婦人科医の構成の変化について   2015/11/08 up!

【概要】
2015年10月31日現在の、日本産科婦人科学会の産婦人科医会員の年齢・性別分布のデータを、2005年、2010年のデータとともにお示しします。
この10年間、産婦人科医療危機に対して、様々な施策が行われてきました。産婦人科医数は、その成果を示す指標の一つと考えられます。その結果は以下の通りです。
1)産婦人科医は全体としては15515名(2005年)から16425名(2015年)に5.9%増加しています。このうち男性医師は11991名から10793名に10.0%減少し、女性医師は3525名から5632名に59.8%増加しています。
2)産婦人科医の中には高齢のため現場を離れている医師も含まれています。25歳から65歳までの年代に限って検討すると、この間の男性医師の減少は10.6%、女性医師の増加は69.8%、全体では11.1%の増加となっています。


  • 2015ー11ー8 過去10年間の産婦人科医の年齢性別分布の変化.pptx
関連キーワード: 産婦人科  医師不足  産科医不足  女性医師