周産期医療の広場 トピックス

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

話題のテーマ

平成27年3月7日(土曜)開催の平成26年度厚生労働科学特別研究事業「持続可能な周産期医療体制の構築のための研究」第2回公開研究会のお知らせ(修正版)   2015/02/21 up!

【概要】
平成27年2月21日
各位
平成26年度厚生労働科学特別研究事業
「持続可能な周産期医療体制の構築のための研究」
第2回公開研究会開催のお知らせ
研究代表者 海野信也(北里大学病院長)
謹啓
時下、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 平成26年度厚生労働科学特別研究事業「持続可能な周産期医療体制の構築のための研究」では、今後のわが国の周産期医療提供体制整備の方向性について検討する目的で公開の研究会を開催しております。平成27年1月25日に日本産科婦人科学会との共催で、地域産婦人科医療体制の確保を中心的なテーマとして開催いたしました第1回研究会(「拡大医療改革委員会 兼 産婦人科医療改革公開フォーラム」)には100名以上の皆様のご参加をいただきました。第2回公開研究会では専門領域間、職種間の「連携」をテーマとし、新生児医療連絡会との共催で、下記の要領にて開催いたします。なにとぞご出席のほどいただきたくお願い申し上げます。
 尚、平成27年3月22日(日曜)13時よりステーションコンファレンス東京にて,第3回公開研究会を予定しております。詳細につきましては追ってお知らせ申し上げます。なにとぞご高配のほどお願い申しあげます。

謹白


1. 日時:平成27年3月7日(土)13時~16時40分
2. 会場:AP東京八重洲通り K会議室
 中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル11階
3. 議事次第 司会:北里大学産婦人科教授 海野信也
① 新生児医療を担える小児科医の確保と育成 
1. 演者:関西医科大学小児科 教授 金子一成先生(40分)
2. 討論 20分
② 周産期医療における助産師の役割について
1. 演者:日本助産師会専務理事 葛西 圭子先生(30分)
2. 討論 20分
③ 「医療安全の向上からみた地域周産期医療体制の課題」
1. 演者:三重大学産婦人科教授 池田智明先生 (30分)
2. 討論 20分
④ 「周産期医療における家庭医・総合診療医の役割」
1. 演者 鉄蕉会亀田ファミリークリニック館山院長 岡田唯男 先生(40分)
2. 討論 20分 
以上
  • 第2回公開研究会ポスター 修正版.pdf
  • 2015-3-2 第2回公開研究会議事次第最終版2.docx