周産期医療の広場 トピックス

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

話題のテーマ

【厚生労働省保険局総務課 事務連絡】東日本大震災による被災に伴う出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度による請求の取扱いについて   2011/04/06 up!

【概要】
東日本大震災による被災に伴う出産育児一時金等の医療機関等への
直接支払制度による請求の取扱いについて

 東日本大震災による被災に伴う出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度による請求(以下単に「請求」という。)に関して、平成23年4月10日及び25日受付分の請求の事務については、下記のとおり取り扱うこととするので、貴管下の会員等に対し、周知方よろしくお取り計らい願いたい。

                     記
1 専用請求書の提出期限について
 平成23年4月10日受付分の専用請求書の提出期限については、災害救助法の適用地域(東京都の区域を除く。)に所在する病院、診療所及び助産所に限り、平成23年4月13日とすること。

2 被保険者証等の提示がなかった場合の請求の取扱いについて
 被保険者証等を医療機関等に提示せずに出産した者に関する請求については、以下の方法により、出産育児一時金等の請求を行うものとすること。
(1)「保険者番号」の欄について
  ① 医療機関等においては、出産の際に確認した被保険者等又は被扶養者(以下「妊婦等」という。)の事業所等や過去に受診したことのある医療機関等に問い合わせること等により、また、窓口で確認した事項等により、可能な限り保険者を特定すること。
 保険者を特定した場合にあっては、当該保険者に係る保険者番号を専用請求書の所定の欄に記載すること。
  ② 保険者を特定した場合で当該保険者に係る保険者番号が不明な場合は、保険者名を「備考」の欄に記載すること。

(2)「被保険者証記号」「被保険者証番号」の欄について
  ① 被保険者証の記号・番号が確認できた場合については、当該記号・番号を記載すること。  
  ② 保険者を特定した場合で、当該記号・番号が確認できない場合にあっては、「備考」の欄に赤字で不詳と記載すること。

(3)出産費用の内訳について(「入院料」「室料差額」「分娩介助料」「分娩料」「新生児管理保育料」「検査・薬剤料」「処置・手当料」「産科医療補償制度」「その他」「一部負担金等」の欄)
  ① 出産費用の内訳が不明となった場合には、判明しているもの以外の合計額を「その他」の欄に記載すること。その上で「妊婦合計負担額」及び「代理受領額」の欄にそれぞれ所定の額を記載すること。
  ② 異常分娩であって、被災したことにより一部負担金等の支払を猶予された者については、「一部負担金等」の欄は0と記載すること。

(4)「備考」の欄について
 上記2の(1)②の保険者名、(2)②の不詳のほか、被保険者証等の提示がなかった場合は、妊婦等の被災前の住所又は事業所名(被用者保険の被扶養者の場合は被保険者の勤務する事業所名)、確認している場合には現在の妊婦等の連絡先(避難先の住所・避難所名、連絡可能な電話番号など)について、「備考」の欄に記載すること。(なお、「住所」については、被災前の住所か避難先の住所かを分かるように記載すること。また、備考欄では収まらない場合には、専用請求書の余白に記載すること。)

(5)提出方法について
 上記2の(1)①の方法により保険者を特定できないものにあっては、国民健康保険団体連合会(以下「国保連」という。)へ提出する分、社会保険診療報酬支払基金(以下「支払基金」という。)へ提出する分、それぞれについて別に束ねて、請求するものとすること。
 なお、請求において、正常分娩分並びに異常分娩分のうち国民健康保険の被保険者である旨及び国民健康保険組合の被保険者である旨を確認した者に係るものについては国保連に、異常分娩分のうち被用者保険の被保険者等である旨を確認した者に係るものについては支払基金に請求するものとする。また、国保連か支払基金のいずれに提出するべきか不明な専用請求書については、医療機関等において、可能な限り確認した上で、個別に判断し、いずれかに提出すること。

3 光ディスク等による請求について
 保険者が特定できない者等に係る専用請求書については、記録条件仕様に定められた光ディスク等によるCSV情報での提出ではなく、紙媒体により提出すること。ただし、紙媒体による提出が困難な場合にあっては、CSV情報で請求することも差し支えないこと。また、平成23年4月25日受付分(正常分娩に限る。)については、記録条件仕様に定められた光ディスク等によるCSV情報での請求とすること。(記録条件仕様に定められた光ディスク等によるCSV情報で請求する際には別添の事項を参考として記載すること。)

4 平成23年5月10日、25日及び6月10日受付分の請求の取扱いについて
 平成23年5月10日、25日及び6月10日受付分の請求の取扱いについては別途連絡すること。
(以下略)
  • 2011-4-6_事務連絡_請求方法_医療機関等.pdf