周産期医療の広場 報告書等

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

報告書等

【平成26年度厚労科研特別研究】「持続可能な周産期医療体制の構築のための研究」報告書①   開催日 2015/04/10

【平成26年度厚労科研特別研究】「持続可能な周産期医療体制の構築のための研究」報告書①
「ワードファイルを開いていただくと、そこのリンクから各報告書のページに飛ぶことができます」

目    次

I. 平成26年度総括研究報告

 「持続可能な周産期医療体制の構築のための研究」
海野 信也
「わが国の周産期医療体制の課題-論点の整理」
海野 信也

II.   平成26年度分担研究報告

1) 産婦人科新規専攻医の地域格差と分娩の取扱の実態に基づいた持続可能な地域産科医療体制の確保のための方策に関する研究 
海野 信也
2) 周産期医療体制と救急医療体制の整備に関する研究 
池田 智明・有賀 徹
3) 二次医療圏や将来需要からみた周産期医療提供体制の現状と今後の方向性について
石川 雅俊
4) 新生児医療の人的供給体制の脆弱性
楠田 聡・田村 正徳・中村 友彦
5)ドクターカーを駆使した地域周産期医療体制の構築に関する研究 
中村 友彦
6) 産婦人科の動向と勤務医就労環境に関する研究 
中井 章人
7) 産婦人科医と総合診療医の協働による周産期医療人的資源の改善に関する研究 
鳴本 敬一郎
8) 周産期医療体制に求められる助産師の役割 
葛西 圭子
9) 災害時の周産期医療提供体制のあり方に関する研究
海野 信也・中井 章人・中村 友彦


III 公開研究会報告
1) 平成27年1月25日
2) 平成27年3月7日
3) 平成27年3月22日
  • 0-1 2015-3-17平成26年度 報告書 目次 WEB版.docx
参照サイト:なし