周産期医療の広場 周産期関連情報

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

クリッピング

【日本産科婦人科学会】妊娠女性のジカウイルス感染症と児の小頭症との関連   2016/02/05 up!

【概要】
平成28 年2 月5 日
会員各位
公益社団法人 日本産科婦人科学会
理事長 藤井 知行
周産期委員会委員長 竹田 省

妊娠女性のジカウイルス感染症と児の小頭症との関連

妊娠している、あるいは妊娠の可能性のある女性はブラジルを含めたジカウイルス感染症流行地域への渡航は可能な限り控えるよう日本外務省から勧められています。
事実関係は以下となります。
1. ジカウイルス感染症はジカウイルスによる感染症。ジカウイルスはデングウイルスと同じフラビウイルス科に属し、症状はデング熱に類似するが、それより軽い。ジカウイルスは、1947 年にウガンダのZika forest(ジカ森林)のアカゲザルから初めて分離され、ヒトからは1968 年にナイジェリアでの研究中に初めて分離された。ヤブカ(Aedes)属の蚊によって媒介される。
2. 2013 年に仏領ポリネシアで約1 万人の感染が報告され、2014 年にはチリのイースター島、2015 年にはブラジルおよびコロンビアを含む南アメリカ大陸での流行が発生した。
3. 2015 年9月までに、ブラジルのジカウイルス感染症流行地域で小頭症の児が多数例出生した。ブラジル保健省は小頭症児登録基準を設け、初期登録35例の背景について発表した。26例は妊娠中に発疹(第一三半期に21 例、第二三半期に5 例)を経験しており、35 例全員が流行地域に居住、あるいは流行地域を旅行していた。CT 検査では、これら児の脳に石灰化が認められるなど、重い後遺症が懸念されている。
4. それら小頭症児の一部症例(10 症例に満たない)や流産/死産児の複数例に先天性ジカウイルス感染が証明された。
5. 現在、これら小頭症児/母体体液試料を用いて、ジカウイルス感染との関連について調査されているが、まだ両者の因果関係について結論は出されていない。
6. WHO は2016 年2 月1日、「ジカウイルス感染症流行地域における多数例の小頭症児出生」は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」であると発表した。
7. 2016 年2 月2日時点、世界28 ヶ国で国内感染が確認されており(読売新聞)、2 月3 日NHK 報道によれば新たにタイでも感染が確認された。ロイター通信(2 月2 日)によればシドニー空港でジカウイルスを保有する蚊が発見された。
8. 2014 年に日本人3 名のジカウイルス感染が確認されている。2 名は仏領ポリネシア・ボラボラ島から帰国後に、1名はタイ・サムイ島から帰国後にジカウイルス感染症を診断された。
9. 米国疾病予防管理センター(CDC)は流行地域(主に中南米等)への妊娠女性(妊娠を計画している女性)の不要不急の旅行は控えるよう、また、旅行の際には蚊に刺されないよう(防虫スプレー、長袖シャツ着用など)十分な注意を勧めている。
10.外務省(日本)は2016 年2 月2 日午後、感染症危険情報を出し、ブラジル、メキシコなど、感染が確認されている国/地域への渡航滞在時には十分な注意をはらうよう、また妊娠女性(妊娠を計画している女性)は渡航や滞在を可能な限り控えるよう求めている。さらに、「蚊に刺されないことが唯一の予防法」としている。
11.米国CDC は2016 年2 月2 日、流行地域への渡航歴のない患者にジカウイルスの感染が確認されたと発表した。患者のパートナーがベネズエラでジカウイルスに感染していることから、性交によるヒトからヒトへの感染の可能性も指摘されている。同様な症例が米国で過去に1 例報告されており、その患者でも、性交が感染ルートである可能性が指摘されている。しかし、現時点では「性交渉が感染ルートの1 つ」と断定されているわけではない。12.2016 年2 月5 日NHK 報道によれば、ブラジルで輸血によるジカウイルス感染例が確認された。WHO はジカウイルス感染対策として、デング熱などと同様、感染が懸念される地域を訪れた人からの献血を制限すべきだとする見解を示しているとのこと(同日のNHK 報道)。

参考資料
1. WHO 声明(2016 年2 月1 日)
http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2016/1st-emergency-comm
ittee-zika/en/

2. 米国疾病対策センター(CDC)MMWR, Weekly / January 29, 2016 / 65(3);59–
62
http://www.cdc.gov/mmwr/volumes/65/wr/mm6503e2.htm

3. 厚生労働省(日本).ジカウイルス感染症に関するQ&A について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html

4.国立感染症研究所. ジカウイルス感染症とは
http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/6224-zika-fever-info.html

5. NHK 報道(2016 年2 月5 日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160205/k10010398211000.html
参照サイト:日本産科婦人科学会      関連キーワード: 感染症対策