周産期医療の広場 周産期関連情報

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

クリッピング

【日本産科婦人科学会】ジカ熱感染を心配している妊婦のみなさまへ   2016/02/05 up!

【概要】
平成28 年2 月5 日
ジカ熱感染を心配している妊婦のみなさまへ

公益社団法人 日本産科婦人科学会
理事長 藤井 知行
周産期委員会委員長 竹田 省

今般、中南米を中心に、蚊媒介感染症の一つであるジカ熱の妊婦への感染が問題となっており、妊娠中の感染によって赤ちゃんが小頭症を発症する可能性が疑われています。
ジカ熱とは、蚊に刺されることによる感染症のひとつです。日本国内では流行をしていない感染症ですが、流行地に観光や仕事などででかけた方が現地で蚊に刺されて感染し、帰国してから発症する場合があります。潜伏期間は2~7 日(~12 日)です。
感染しても妊婦さん自身の症状は全くないか軽くて気づかないことが多いとされています。症状としては、発熱、頭痛、眼球結膜充血、皮疹、筋痛、関節痛等がありますが、数日で治ることがほとんどです。
ただし、妊娠中の感染によって赤ちゃんが小頭症を発症する可能性が疑われているため、妊婦さんがジカ熱の感染流行地に渡航することは可能な限り控えてください。
さらに詳細な情報が得られ次第、情報を追加します。

参考
ジカ熱に関する情報提供について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000109908.html

ジカウイルス感染症に関するQ&Aについて(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109899.html

ジカウイルスと小頭症などの増加に関するWHO 緊急委員会報告について(厚生労働省)
http://dl.med.or.jp/dl-med/kansen/zika/27chi3_226.pdf

感染症危険情報(外務省)
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2016T012#ad-image-0

ジカ熱(国際感染症センター 国際感染症対策室)
http://www.dcc-ncgm.info/topic/topic-ジカ熱/

妊婦のジカ熱感染と小頭症の発生のおそれについて(日本産婦人科医会)
http://www.jaog.or.jp/news/160122zikavirus.pdf
参照サイト:日本産科婦人科学会      関連キーワード: 感染症対策