周産期医療の広場 周産期関連情報

このサイトでは、分娩取扱医療機関情報・産婦人科研修施設情報•生殖補助医療(ART)登録施設の情報を提供しています。
○「分娩取扱医療機関」は財団法人日本医療機能評価機構が運営する産科医療補償制度の2011年1月時点における参加医療機関リストを元に本サイトで作成し、定期的に更新しています。ただし、個々の医療機関の分娩取扱を絶対的に保証するものではありません。
○「新生児低体温療法対応施設」は新生児低体温療法登録事業(http://www.babycooling.jp/)提供の「新生児低体温療法公開承認施設一覧」を元に作成し、公開しています。
○「産科危機的出血に対する動脈塞栓術を施行可能な病院」は日本インタベンショナルラジオロジー学会(日本IVR学会 http://www.jsivr.jp/)が公開しているリストを元に作成し、公開しています。
○「研修施設情報」は各学会が公表している施設情報を元に作成し、公開しています。
○「生殖補助医療(ART)登録施設」は日本産婦人科学会が公開しているサイトの情報http://www.jsog.or.jp/public/shisetu_number/index.htmlを元に作成し、公開しています。
※電話番号および施設URLにつきましては本サイトで独自に調査したものです。
<※施設情報についてお気づきの点がありましたら、以下の事務局メールアドレスまでご連絡いただければ幸いです。
周産期医療の広場 サイト運営事務局
 

周産期総合情報サイト

クリッピング

【産科医療補償制度】平成27年3月版 産科医療補償制度に関するお知らせ(補償申請期限に係る周知のお願い)   2015/03/30 up!

【概要】
                産科医療補償制度に関するお知らせ
                            公益財団法人日本医療機能評価機構
                                       平成27 年3 月版

1.補償対象者数の状況
 皆様には補償対象と考えられる脳性麻痺児の保護者に産科医療補償制度についてご案内いただくなどご支援を賜り、誠にありがとうございます。皆様のご協力により、補償対象者数は、平成27 年3 月6 日現在で1,225 人となっております。(平成27 年3 月6 現在)

2.補償申請期限に係る周知のお願い
 申請期限は児の満5歳の誕生日までであり、平成22 年生まれの児は本年1月より順次申請期限を迎えています。
 補償対象と考えられる児が満5歳の誕生日を過ぎたために補償を受けることができなくなる事態が生じることのないよう、申請期限が迫っている平成22 年生まれの児で、補償対象と考えられる児がおられましたら、お早めに以下の本制度専用コールセンターへお問い合わせいただくようお願い申し上げます。
[お問合わせ先]
産科医療補償制度専用コールセンター
電話0120-330-637<受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日除く)>

3.補償申請期限周知のチラシについて
【申請期限周知のチラシ・ポスターについて】
○ 申請期限周知のご家族向けと医療・福祉関係者向けチラシとご家族向けのポスターにつきまして、平成27 年1 月の制度改定に伴い、改定前(平成22 年~平成26 年出生児に適用)と改定後(平成27 年以降出生児に適用)の内容を記載しています。
○ ご家族向けのチラシは脳性麻痺児とそのご家族に、医療・福祉関係者向けのチラシは、脳性麻痺児とそのご家族と接する機会が多い医療・福祉関係者の皆様向けに作成いたしました。また、ご家族向けのポスターは、脳性麻痺児とそのご家族が訪れる場所で、掲示していただけるように作成しました。
【補償対象に関する参考事例集について】
○ この参考事例集は、補償対象となる脳性麻痺の基準について具体的な事案を基に解説しており、医療・福祉関係者の皆様により理解を深めていただけるよう作成しました。

(各送付書類のイメージ)
 今回ご案内したチラシ、ポスター、参考事例集につきましては、ご要望に応じて、お送りいたしますので、以下のお問合わせ先までご連絡ください(費用はかかりません)。
[お問合わせ先]
産科医療補償制度専用コールセンター
電話0120-330-637<受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日除く)>

<<周知用のチラシ・ポスターは右下の【掲載サイトを見る】からPDFでまとめてダウンロードできます>>
参照サイト:日本周産期・新生児医学会 http://www.jspnm.com/      関連キーワード: 周産期医療  産科医療補償制度